これであなたも上級者!ホームページ制作応用編

JAVAスクリプトで様々な動作を実現

単純なホームページを作るのであれば、基本的なHTMLの知識と、あとは少しのCSSの知識があればそれで十分です。ただ、それだけですと挙動も限られてきますから、よりホームページに多数の機能を持たせたいのであれば、JAVAスクリプトを埋め込んでおくのがいいでしょう。 JAVAスクリプトは、プログラム言語の一種で、本気で学ぼうと思うと非常に奥の深いものになります。ただ、これを学んでおくだけで数レベルも上野ホームページを作ることができるようになります。応用編に進みたいのなら、JAVAスクリプトを選択するのもいいのではないでしょうか。 JAVAスクリプトで何ができるかといえば、まずは動的な動作を画像や文字にさせることができます。通常のホームページでは文字や画像が動くことはありませんが、JAVAスクリプトで命令してやればさまざまな演出が可能になるのです。ハイクオリティなホームページには必須で、簡単なゲームの作成などに使うことができる点も評価が高いです。

ダイナミックHTMLでも動的な演出は可能

JAVAを一から学ぶのが大変だという人には、ダイナミックHTMLがおすすめです。これは、HTMLだけで動的な動作をさせることのできるシステムです。いまではほとんどのブラウザがこのダイナミックHTMLをサポートしていますから、存分に使用できるようになりました。これなら、わざわざ難しいJAVAを勉強しなくても、ほとんど同じような演出をさせることができます。 文字や画像を動かすことで、没入感の強いサイトにすることあできるでしょう。メニューをツリー表示にすることができたりと、実用面でも性能を発揮してくれます。あれがしたいこれがしたいという思いがあるなら、このような自由度の高い部分にまで足を突っ込んでみるのがいいでしょう。他にもさまざまな応用編がありますが、ただ、HTMLも5になれば相当いろいろなことができますから、単純にHTMLだけを極めるというのも一つの方法として十分に考えられます。今後はさらにHTMLも活況を呈すと考えられているので、今のうちに勉強をしておくのが正解です。