困った!ホームページ制作Q&A

シンプルがベスト?でも、気に入った写真やイラストも使いたい

ホームページを作成する時、HTMLでもCSSでも気になるのはデザインですよね。見やすくシンプルなものが好みであれば、タグやカラーコードなどプログラムの工夫で整ったホームページを作ることはできます。しかし、ホームページはもちろん、ブログやSNSでも、企業・素人問わず多いのは、アイキャッチにもなる写真やイラストがトップやヘッダーに表示されているものではないでしょうか。 ホームページにやってきた人の第一印象にもなる写真や絵ですが、実は大きな問題があります。自分で作った物やクリエーターに依頼したものであれば大丈夫ですが、画像検索や別のサイトから無断で転載するのは御法度!そこには著作権が存在し、場合によっては謝罪では済まないことがあります。また、自分で写した写真でも第三者の顔などが映っている場合は肖像権の侵害が問題になる場合があるのです。せっかく作成したホームページに問題が起こらないよう、画像を選ぶ際は自作多作に関わらず注意しましょう。 自分で用意するのが難しい人には、素材を専門に取り扱うホームページもあり、それぞれの条件のもと無料で使用できるものも多いので、そちらを頼るのも良いかもしれませんね。

何でそんなページから見ているの!?ホームページの抜け穴対策

インターネット上に公開されたデータは、検索サイトなどを使って誰もが簡単に見ることができます。情報を発信するということは、それが魅力でもありますよね。ただし、ここには大きな落とし穴があります。 トップページなど、ホームページの玄関にあたる部分ではなく、例えば雑貨販売やレシピの掲載、作品の展示を主にしているページなどへ検索サイトからの検索結果、ダイレクトにアクセスしてしまうことがあります。つまり、製作者がどれだけ注意事項などを別のページに書いていても、悪意の有無に関係なく良いと思ったからと内容や写真などが使用されてしまう可能性があるのです。著作権の侵害を訴えても、個人間だけの話であれば、長期にわたるトラブルの原因になることもあります。 だからといって、すべてのページに色々と注意書きを入れるのは面倒という人におすすめしたいのが、検索避けです。検索サイトに直接引っかかると問題があるページや、作品ページなどにタグを打ち込むことで、検索結果に表示されることを回避できます。 誰が見ても平気だから大丈夫!という人も、不要なトラブルの防止のためなるべく入れるようにしておきましょう。