教えて!ホームページ制作の基本

基本中の基本であるHTMLの修得

パソコンやスマートフォンなどからインターネットにアクセスして、ホームページを閲覧する事が多くなりました。そのホームページは、誰かの手によって作られたものです。ホームページを利用してみて、自身もそのようなホームページを作って見たいと考えるようになるかもしれません。始めから難しいことにチャレンジすると、ハードルは高いです。まずはホームページ制作の基本から初めて、少しずつ段階を上がっていくことが、着実にホームページ制作スキルを身につけることになります。 ホームページ制作の基本としては、HTMLの知識は必要最低限身につけておかなければなりません。HTMLは、ホームページを構成する基本のデータファイルであり、シンプルなホームページを作るうえでも避けることができないものです。しかし、HTMLは比較的習得が簡単なマークアップ言語であるため、初めてホームページの製作方法を学ぶという人でもすぐ順応できるでしょう。

レイアウトに関わる基本のCSS

かつてホームページ制作では、HTMLだけで全体のレイアウトを実現していました。その後、ホームページのレイアウトを記述する言語として規定されたのが、CSSです。それまでは、HTMLの機能であるテーブルなどを利用して、ホームページのレイアウトを設計していました。CSSが導入されたことにより、OSやブラウザといった環境に依存することなく、デザイン通りのレイアウトを表示することが可能なのです。いまやHTMLとCSSはセットとなる存在となり、一つのファイルに両方を同時に記述することも可能です。 また、CSSは、複数のHTMLファイルで共有して使うことができるというメリットがあります。大量のホームページを作成する際には、レイアウトを一つのCSSファイルだけで使いまわすことができるため、効率的なホームページ制作にCSSは貢献してくれるでしょう。CSSには多様なパラーメーターがあるものの、基本的なものを覚えておけばまずは十分です。